社員に聞くマイ・キャリア

PF(NW)診断TEAM SAI永井 秀幸

永井 秀幸

●現在の仕事は?

セキュリティ分野におけるNW診断を担当しています。サーバー、クライアント、ネットワーク機器などのインフラ製品を対象に、診断用のツールを用いて脆弱性を見つけ出し、お客様へのレポート提出・QA対応を行っています。
ツールでの脆弱性検査が主になっているため、もう少し経験と知識を付けてペネトレーション検査も併せて出来るよう勉強中です。

●TTに入る前は何をしてた?

直前は社内メールシステムの運用担当をしていました。ほかにも営業等の色々な仕事をして自分に合った仕事を探し、迷走してました。考えがあって多くの業種を経験してきましたので、今では良い経験と思っています。

●TTに入ってここがよかった!

「選択肢が多い。」この言葉に尽きるのではないかと思います。ITエンジニアとして今何を経験したいのか、その次はどのようなことをやりたいのか、エンジニアにはこのように希望を持つ方が多いと思いますが、多くのお客様に仕事をいただけていますので、希望に合った、または近い仕事を経験出来る道が多く用意されていると思います。
勿論、全てが希望通りに行くかは別の話しですが、私は、運用しか経験したことがない完全未経験の状態から、希望したセキュリティエンジニアを経験出来ていますので良かったと思っています。
また、働き方が多様化している現代では、個人がキャリアを積むための考え方も多様化していますので、選択肢の多いTTは将来の自分のために良い環境なのではないかと感じています。
長くなりましたが、セキュリティに興味がある人、どこの会社で働くか悩んでいる人、『チャレンジ』も1つのきっかけだと思いますので、多くの人にTTを『きっかけ』にしてもらいたいなぁ、と考えています。

●TTに入社したきっかけは?

TTには、キャリアコンサルティングを行っているチームがあるのですが、そこで『セキュリティ』というキーワードが挙がり、調べてみたところ興味が沸いてきたのがきっかけです。
TTでは、今後セキュリティ業界に力を入れていく方針ということもあり、会社と私の意向が合致しました。また、コンサル担当者の薦めや採用担当者の歓迎もあり、結果としてTTに入社してセキュリティの経験を積むことにしました。
私はそれまでTTの登録スタッフとして働いており、登録当初は、Excelを少し使えて、ADというものを少し触って、程度の経験でエンジニアとしてはほぼ未経験の状態でした。TTに登録してからは、監視業務の現場を経験し、大手SIerの運用保守の現場へ従事しました。
現場では、初めて上流エンジニア達を目の当たりにし、「プロってこういう人達なんだ」と個人的に感じたことを未だに覚えています。

入社の決め手は、これまでエンジニアとして良いステップを踏めていることや、これからの経験としてセキュリティ業務に従事できることが大きかったですね。また、会社としてもセキュリティ職種に力を入れていく初期段階に近い状態であるため、これから更に大きくして行く事ができるチャンスに参加できると思ったことも決め手になりましたね。

永井 秀幸

●将来どうなりたい?

人としては、誰からも信頼される人間になりたいと思っています。
仕事では、マネジメントの立場になりたいと考えていますが今は漠然としているので、まずは今ある目の前の新しい業務を遂行出来るようになってから、次のステップとして考えていこうと思ってます。

セキュリティエンジニアをもっと見る